八王子市と相模原市緑区の不動産を紹介するCENTURY21

マイホーム、仕事場に通える別荘、セカンドハウスが見つかる! 山と湖が好きなら当社が近道かも知れませんよ(^^)

センチュリー21金子不動産で 新築、建売、一戸建て、中古一戸建て、土地、マンション売買を安心のおとりつぎ

八王子市と相模原市緑区の不動産売買ならセンチュリー21金子不動産へお任せください。
八王子市の不動産のご売却やご相談は、センチュリー21金子不動産へ
センチュリー21金子不動産の2016年 春の見つかるフェア開催です。1月8日から3月13日まで
hair design Axia
八王子市の鍵屋さん、防犯、セキュリティ
八王子市めじろ台のカフェ。5坪のちいさな店内に寛ぎの空間が広がります。
八王子市のフラワーショップならルッホまで、お問い合わせください。
心と身体の健康、内面と外面の統合、人と人との出会いの場
会社案内
CENTURY21金子不動産 社長日記
ニュース&トピックス
ニュース&トピックス

人口減少下での持続可能な国土管理・利用について論議

←委員会の様子
◆人口減少下での持続可能な国土管理・利用について論議◆

国土交通省は27日、国土審議会計画推進部会「第5回国土管理専門委員会」(委員長:長岡技術科学大学副学長・中出文平氏)を開催しました。

 同委員会は2016年9月より、国土形成計画の推進に関して、人口減少下における持続可能な国土の管理・利用を推進するための施策のあり方について議論するものです。16年度は国、地方地自体等がどのように対応すべきかを議題に、特に国土利用計画法の土地利用計画制度のうち、国土利用計画(市町村計画)制度のあり方について検討を行ないました。17年度は「複合的な施策」および「選択的な国土利用」を推進していく上での課題と対応の方向性について整理・検討しています。

 第5回目となる今回は、「複合的な施策」等を推進していく上での課題として、「国土を継続的に維持管理するために継続的に関与する主体(人)の確保」など「主体(人)の視点」、「土地所有者による管理が行なわれない場合の対応」など「土地の視点」、「関係者が共通の方向を向いて取り組むための計画や方針の共有」など「仕組みの視点」の3つの視点を掲げ、各視点から課題となることは何か、どのような対応が求められるのか等を論議しています。

 委員からは、「地域で取り組みを実施する際の合意形成をサポートするファシリテートのできる人材の確保が必要」「新しい取り組みを始める際の動機付けとして民間主導で取り組みを推進できる仕組みをつくるべき」「力を入れている地域とそうでない地域の差が出過ぎないよう全体最適化を検討すべきではないか」「成功事例だけでなく、さまざまな事例を収集して積み上げておくことが大事」といった声が挙がっています。

 また、国土利用計画(市町村計画)策定を推進する上での留意事項についても検討。広域的視点や災害リスク等の地域特性を考慮し、技術的支援等を充実させていくために、事例集、マニュアル等の作成や研修、説明会等を含めた展開などについて、確認がなされました。

 今後は、人工林から照葉樹林への復元、保護・管理、地域住民による土地の共有管理や所有者による管理が困難な土地への対応等、具体的事例をもとに実施上の課題の整理を進めていきます。

**********************
八王子市、相模原市緑区の不動産
【センチュリー21金子不動産】
東京都八王子市めじろ台1−9−1
TEL042-665-2100
FAX042-664-4400
オンライン・リアルティ不動産情報
HP:http://www.online-realty.jp
**********************
更新日:2017/09/28


最近見た物件 (0)